oniesanの音楽室
音楽作ったりします。 制作ペースはかなり遅いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
大合作!バンドブラザーズ 第三弾公開のお知らせ
お知らせの記事が次の日になってしまいましたが、ニコニコミュニティ「大合奏!バンドブラザーズ<本部>」よりメドレー合作が公開されました。さりげなく私が提供1位になっておりますが、そこは生温かくスルーしておいてください(

一次会


二次会


この企画もついに三回目です。私は初代からの参加者ですが思えば結構長かったと。

当時は「ASSASSIN)」という名前で参加しておりました。 ご存知でない方のために一応。


今回は一次会と二次会の両方に参加しております。(両方参加はEDを除いて5名と過去最多)
そして、今回は編集担当ではありません。(第二弾では二次会の字幕、画像、エンドロールを担当)

大体のコンセプトはこのシリーズをご存知の方でしたらお分かりだと思いますが、

一次会
割とメジャーな選曲。一般向け。

二次会
ちょっとマニアックな選曲。ある意味上級者向け。

という特徴があります。ですが、今回は全体的に第二弾に比べるとかなりメジャー寄りなイメージがあります。


さて、私が担当した部分の紹介かつ反省会をば。

☆一次会 Touch! Generationsメドレー

いや、タイトルだけを考えればかなりメジャーなのですが、ある意味マニアックです。同僚にも言われました。色々とベクトルがおかしいです。

メドレーに用いたタイトルは、

脳を鍛える大人のDSトレーニング、リズム天国ゴールド、もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング、Wiiショッピングチャンネル、Wii Fit、Wii Sports、nintendogs、健康応援レシピ DS献立全集、おいでよ どうぶつの森、Wiiでやわらかあたま塾

と確かにそこだけを見ると確かにメジャーです。問題は曲の方ですがw
そもそもWiiショッピングチャンネルってゲームじゃないよね、とツッコミが飛んできそうですが、一応サントラには収録されておりますのでセーフ!

大百科の記事を見ていただければ分かりますが、14曲でタイトル10と私が担当した中では過去最多です。曲のリストには入っておりませんが、Wiiショッピングチャンネルの部分の裏で流れているのは、Wiiリモコン選択音→ソフト受信中の効果音→受信完了の効果音の流れです。ただし、記憶を頼りに作ったものですので、あっている保障はあまりないです(

そして、このメドレーですが、今までのバンブラ合作の中で一番のお気に入りです(もちろん私が担当した部分での比較ですが)。ですので、よろしかったらバンバン聞いてあげてください。


☆二次会 ゲームボーイ版カービィメドレー

カービィってメジャーでしょ、というツッコミを無かったことにするほどマニアックな選曲です。というより知名度(と売り上げ)の問題ですね。

実はこのメドレー、以前ブロックボールの楽曲だけでメドレーを作ろうというコンセプトで作ったものの途中で小節数が足りなくなって放置したものを流用してアレンジしたものです。つまり言い換えると手抜き( 一応だいぶ作り変えてはおります。ちなみにこちらも14曲です。

タイトルは、

カービィのブロックボール、星のカービィ2、カービィのきらきらきっず、カービィのピンボール

実は結構少ないです

よく見ると、一部譜面と実際に流れてくる音が異なりますが、色々あったんです!察して下さい。


☆まとめ

さすがに合作全体の出来に関しては私が触れられるものではありませんので、自分の部分に関してです。

個人的な出来としては、

Touch! Generationsメドレー(第三弾)>>>パネルでポンメドレー(第二弾二次会)≒マリオカートメドレー(無印)>ゲームボーイ版カービィメドレー

という感じです。


ここで一通り終わります。 追記はちょっとダークサイドな話題ですので、平気な方だけどうぞ。
Twitterなどでも漏らしていたのですが、第四弾以降があるとすればもう私は参加いたしません

実は第三弾も、製作中にも関わらず私を(少なくとも片方は)メンバーから外してほしいと何度も言ったことですし、復帰の予定もありません。

何度も愚痴をこぼしておりましたのでご存知の方もいらっしゃると思いますが(ごめんなさい)、参加メンバーも過去最多ですが、参加途中で姿が見えなくなったメンバーも過去最多です

音源や動画の編集などで話し合いが場面では殆ど出席率の高いメンバーしか参加しておらず、本当なら担当者自身でやるべき作業を、他のメンバーが代理で行ったというケースがとにかく多かったです。

また、確認作業の時に何度も呼びかけたのですが、集まったのはやはりいつものメンバーだけだったという事実に嫌気が差しました。

初代の合作で一番の問題点となったのは一人に負担が集中しすぎていたことだと思います。それが無かった第二弾はかなりのスピードで完成し、第三弾ではその問題に再び直面してしまったというのが事実です。

事情によってどうしても代理を頼まないといけないケースも出てくるとは思います。ただし、それを任せて当たり前だという姿勢がとにかく嫌でした。別にそういった直接的な表現は当然無かったのですが、殆ど姿を現さない辺り、そう認識せざるを得ないというのが正直なところです。

以上のことがどうしても許せなかったというのが参加しなくなる理由ですが、これは言い訳でもありますね

他には、マンネリ化を感じていたりや私自身が続けていく自信が無いなどが大きな理由です。と言うのも、最近では正直面白みが無くなったと言いますか、意味を見出せなくなりました。

合作が公開されてからは自分の担当箇所のコメントしか見なくなりましたし、そこだけしか興味がなくなってしまいましたし、そういうことなら参加する意味も無いかなというのが一番の理由かも知れませんね。


こうして、第三弾が公開されたと同時に合作メンバーから外れたわけですが、今後もコミュニティメンバーの一人として応援していきたいと思います。


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © oniesanの音楽室. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。