oniesanの音楽室
音楽作ったりします。 制作ペースはかなり遅いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
各種設定について「ミオシティ」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6432363

の動画の細かい設定を書いていきます。

今ちょっとお酒が入っていますので間違っているかもしれません。

長いので追記にまとめます。

あと、どうでもいいですが、私の動画はバトレボ以外は上のコメント(動画の説明文)が意外とまともなことに気がつきました。
拍子:4分の4
テンポ:189
音量バランス:パート1のみ90、それ以外全て99
ステレオバランス:お好みで

#と♭の数
37小節目まで:#×3
それ以降:なし

パート解説の一番下の行は音量設定です。
()内は何小節目で音量が切り替わるかを表しています
例:(11.25)→11小節目の2拍目


☆パート1 ピアノ
ENVELOPE
A:19
D: 8
S: 2
R: 5
VIBRATO
HLD:-
DLY:-
DEP:-
SPD:-
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
CROSS:17
パート解説
音量の変化も複雑ですが、ト音とヘ音の変化も複雑ですので、動画を良く見てください。
音を入れていますのでだいぶ分かりやすくはなったかと思います。
95→(38)70→(40)65→(40.375)50→(40.875)65→(42)70→(56)95


☆パート2 ピアノ
ENVELOPE
A:19
D: 6
S: 4
R: 6
VIBRATO
HLD:-
DLY:-
DEP:-
SPD:-
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
ECHO:10
パート解説
音量の変化がないパートです。音域変化の都合上、前半で終わってしまいます。
75


☆パート3 ピアノ
ENVELOPE
A:19
D: 9
S: 8
R: 6
VIBRATO
HLD:-
DLY:-
DEP:-
SPD:-
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
ECHO:10
パート解説
前半部分のメインメロディです。
99→(40)65


☆パート4 ピアノ
ENVELOPE
A:19
D: 7
S: 6
R: 6
VIBRATO
HLD: -
DLY: -
DEP: -
SPD: -
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
ECHO:10
パート解説
最後はパート2の代わりを務めています。
90→(39)65→(56)75


☆パート5 クラシックギター
ENVELOPE
A:19
D:10
S: 5
R: 4
VIBRATO
HLD:-
DLY:-
DEP:-
SPD:-
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
なし
パート解説
ベースです。音量変化はありません。ギター系はベースに向いているような気がします。
99


☆パート6 ストリングス
ENVELOPE
A:15
D: 4
S:13
R: 2
VIBRATO
HLD:-
DLY:-
DEP:-
SPD:-
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
CROSS:16
パート解説
後半のメインとなる部分です。
70→(37.5)99


☆パート7 E・ギター
ENVELOPE
A:19
D: 3
S: 9
R: 9
VIBRATO
HLD: -
DLY: -
DEP: -
SPD: -
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
CHORUS:13
パート解説
バンブラにおけるE・ギターはかなり万能な気がします。(以前の楽譜と合わせて2回目)
音量変化はありません。書く人間にとってはありがたいです。
55


☆パート8 ロックドラム
50


最後に、以前楽譜を公開した「運命のダークサイド」ですが、パート4で音量が85になっているところはもう少し下げてもいいかも知れません・・・。


コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © oniesanの音楽室. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。