oniesanの音楽室
音楽作ったりします。 制作ペースはかなり遅いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
各種設定について「ミオシティ」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6432363

の動画の細かい設定を書いていきます。

今ちょっとお酒が入っていますので間違っているかもしれません。

長いので追記にまとめます。

あと、どうでもいいですが、私の動画はバトレボ以外は上のコメント(動画の説明文)が意外とまともなことに気がつきました。
続きを読む
各種設定について「運命のダークサイド」
一番最初に楽譜を投稿した曲ですが、未だに各種設定についての細かい設定が書かれていませんでしたので、改めて書きたいと思います。

拍子:4分の4
テンポ:169
音量バランス:全て99
ステレオバランス:お好みで

パート解説の一番下の行は音量設定です。
()内は何小節目で音量が切り替わるかを表しています
例:(11.25)→11小節目の2拍目


☆パート1 ピアノ
ENVELOPE
A:19
D: 6
S:12
R: 2
VIBRATO
HLD:-
DLY:-
DEP:-
SPD:-
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
ECHO:12
パート解説
99→(21)95→(37)99→(57)95


☆パート2 パイプオルガン
ENVELOPE
A:19
D: 0
S:16
R: 2
VIBRATO
HLD:7
DLY:2
DEP:2
SPD:13
SHAPE:2(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
CHORUS:10
パート解説
ベースです。
99


☆パート3 ピアノ
ENVELOPE
A:19
D:10
S:12
R: 0
VIBRATO
HLD:-
DLY:-
DEP:-
SPD:-
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
なし
パート解説
65→(5)99→(37)65→(41)99


☆パート4 パイプオルガン
ENVELOPE
A:19
D: 5
S: 3
R: 4
VIBRATO
HLD: -
DLY: -
DEP: -
SPD: -
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
なし
パート解説
75→(5)62→(21)85→(37)75→(41)62→(57)85


☆パート5 ストリングス
ENVELOPE
A:15
D: 4
S:13
R: 2
VIBRATO
HLD:-
DLY:-
DEP:-
SPD:-
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
CROSS:16
パート解説
60


☆パート6 ストリングス
全てパート5に同じ


☆パート7 E・ドラム
70


☆パート8 E・ギター
ENVELOPE
A:19
D: 1
S:12
R: 9
VIBRATO
HLD: -
DLY: -
DEP: -
SPD: -
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
CHORUS:13
パート解説
バンブラにおけるE・ギターはかなり万能な気がします。
50→(5)65→(37)50→(41)65




それにしても、同じ曲でも作る人が違えばその人の個性が出てきて面白いですよね。

各種設定について「DKスノーボードクロス」
ずいぶんおそくなりましたが、動画のアップロードが終了しました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6034222

※注意事項※
・わたしが耳コピしたものですので採譜の精度は保障できません!
・音量設定や音色設定は私のものをそのまま載せているだけですので、気に入らなければお好みで変えてください!
・コードを使っていませんので、他のパートで強引に補っています!

拍子:4分の4
テンポ:181
音量バランス:パート6のみ99、他は85
ステレオバランス:お好みで


※音量設定については後日記載する予定です
4/18追記:書きました

()内は何小節目で音量が切り替わるかを表しています
例:(11.25)→11小節目の2拍目


☆パート1 シンセリード
ENVELOPE
A:19
D: 4
S: 5
R: 7
VIBRATO
HLD:6
DLY:10
DEP:5
SPD:16
SHAPE:2(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
CHORUS:18
パート解説
特にありません。
音量変化:
85→(9)50→(11)45→(12.375)90→(13)50→(14.75)75→(17)50→(18.875)55→(25)70→(41.5)60


☆パート2 パイプオルガン(お好みで楽器は変更してください)
ENVELOPE
A:19
D: 2
S: 8
R: 5
VIBRATO
HLD:-
DLY:-
DEP:-
SPD:-
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
CHORUS:8
パート解説
メインとなる部分の一つです。最初の部分を重視するか後半の部分を重視するかで選ぶ音色が変わってくると思います。
音量変化:
40→(9)99→(34)60→(40.125)99→(41)80


☆パート3 アコーディオン
ENVELOPE
A:16
D: 6
S: 5
R: 1
VIBRATO
HLD:-
DLY:-
DEP:-
SPD:-
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
ECHO:13
パート解説
特にありません。
音量変化:
36→(9)85→(11)60→(13)85→(18.875)65→(20.25)85→(27)65


☆パート4 ファミコン
ENVELOPE
A:19
D: 5
S: 5
R:18
VIBRATO
HLD: -
DLY: -
DEP: -
SPD: -
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
なし
パート解説
特にコメントはありません。
音量変化:
99→(3)90→(3.75)70→(4.125)50→(25)70→(26)99


☆パート5 チェンバロ
ENVELOPE
A:19
D: 3
S: 0
R:17(動画の方では1になっていますが、数字は大きいほうがいいです)
VIBRATO(※VIBRATOの設定はこの通りにしてください)
HLD:0
DLY:0
DEP:19
SPD:0
SHAPE:3(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
CROSS:20
パート解説
バンブラで入力できる音の高さの限界を超えていますので、VIBRATOを上のように設定することでそ強引に1オクターブ高い音を表現しています。ただし、これは短い音のときのみ有効です。
音量変化:
60


☆パート6 スクエアリード
ENVELOPE
A:19
D: 3
S: 5
R: 6
VIBRATO
HLD:-
DLY:-
DEP:-
SPD:-
SHAPE:1(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
CHORUS:18
パート解説
ベース部分です。
音量変化:
99→(41.875)85


☆パート7 スクエアリード
ENVELOPE
A:19
D: 7
S: 9
R: 6
VIBRATO
HLD: 0
DLY: 0
DEP: 3
SPD:12
SHAPE:2(上から順に1~6としています)
EFFECTOR
CHORUS:10
パート解説
好みの問題でもありますが、あえてファミコンではなくてこの楽器を選びました。
音量変化:
35→(8.875)50→(14)85→(25)70→(27)90→(29.25)70→(29.375)90→(41)45


☆パート8 Eドラム
音量変化:
70→(41.875)99


※この記事は随時更新していきます。

Copyright © oniesanの音楽室. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。